40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

40歳位になると、肌荒れやシミ、シワが目に付くようになります。

 

「若いころは、シミなんてなかったのに!」と嘆きたくなりますが、
シミやシワはある日と突然出てくるのではなく、
毎日の紫外線や刺激、乾燥などが積み重なって、肌の表面に現れてくるものです。

 

ですから、若い頃はシミやシワがなかったとしても、
それまで生きてきた中での積み重ねが結果として出ているのです。

 

しかし、あきらめることはありません。

 

女性の平均寿命が80歳を過ぎた現代では、
40歳は人生の半ばにやっときたところです。
今後のケアの仕方次第で、老化に拍車をかけることができます。
逆に、ケアの仕方次第によっては、一気に老化へと向かってしまうでしょう。

 

つまり、40歳は、お肌のターニングポイントともいえる年齢です。

 

老化に拍車をかけるためには、自分の肌状態にあった正しいケアを知ることが必要です。
そして、体と肌がとても深い関係にあることを理解すべきです。

 

肌は、身体の状態を反映する鏡です。

 

内臓の調子や、血液の流れ、月経やホルモンのバランス、ストレスの有無などが絡み合い、
肌の症状として現れます。

 

年齢と共に、体も老化し、肌も老化し、どんどん変化を遂げていきます。
ですが、肌ケアについての正しい知識を持ち、
正しい肌ケアを毎日の生活の中で取り入れていくことによって、
肌トラブルを改善することが出来ますし、肌トラブルの予防もしていくことができます。

 

そして、身体の調子も整えていくことが大切です。
日々の生活習慣も見直していきましょう。

生活習慣を見直して美肌に

「いつまでも若々しく美しい女性」の共通点は、
なんといっても肌が美しいことではないでしょうか。

 

つまり、美人の第一条件は、健康で美しい肌を持ち続けていることにあります。
ハリのある美しい肌は、メイクのノリもよく、ファッションもはえ、活き活きと若々しい人に見えます。

 

ですから、美しい肌を作り、常に美肌をキープしていたいですよね。

 

顔色の良さや、肌のツヤなど、肌はその人の状態を明確に表し、
その人の体調をある程度予測することができます。
シミやシワ、くすみなどの状態から、年齢を推測することもできてしまいますね。

 

では、美しい肌、若々しい肌を作るためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

「皮膚は内臓をうつす鏡」といわれるように、
肌と内臓は密接に絡み合っていて、例えば肝機能が弱ると肌がくすんできます。
また、胃腸が疲れていると顔には吹き出物ができやすくなりますし、
ストレスをためてしまうと、シワが増えてしまったりします。

 

つまり、肌が荒れている時は、内臓も荒れている、体の中も弱っているということです。

 

肌の見た目が若い人は、肉体的にも若いです。
逆に、肌の見た目が老けている人は、肉体的にも老化しています。

 

肌年齢と肉体年齢を加速させる原因の殆どが、生活習慣の乱れです。
生活習慣の乱れは、肌と体の老化を促進させます。

 

生活習慣を見直し、肌のために必要な対策を今日からはじめましょう。
睡眠、食生活、運動など、見直すべきところは、色々あるのではないでしょうか。