40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

美肌のための睡眠

美肌のためには、質の良い睡眠を7時間とるのが理想です。

 

「美肌は夜作られる」と言われるのは事実で、
寝ている間に、日々肌の再生が行われています。
ですから、毎日、きちんと睡眠をとることが必要です。
平日は十分に睡眠をとることができなからと、
休日に寝だめをするような生活パターンを繰り返しているようでは、
肌は確実にダメージを受けていきます。

 

肌の再生には、ターンオーバーという周期があります。
一般的に人の肌細胞は、4週間で生まれ変わります。
ですが、加齢と共に代謝が鈍ってくるので、
40歳を過ぎる頃には6週間もかかるようになってしまいます。

 

年齢と共に睡眠時間は短くなるのに、肌の再生には、時間が長くかかるようになります。
ですから、睡眠が大切です。
毎日、6時間半くらいから7時間くらいの睡眠はとりたいですね。

 

そして、その睡眠は質の良いものにしなくてはなりません。
体内時計にあわせて、規則正しく寝ることが必要です。

 

一日が24時間であるのに対し、ヒトは本来一日25時間サイクルで動いています。
これをコントロールしているのが体内時計です。

 

体内時計は、脳の視交叉上核というところにあります。
視交叉上核で、朝、太陽の光を完治すると、脳の松果体へ信号を送り、
14時間後に睡眠を誘導するホルモンであるメラトニンの分泌の予約が行われます。
体内時計は夜へ向け、眠りのタイマーをセットします。

 

体内時計を正しく働かせるには、規則正しい食事をすること、
昼間なるべく外出することが大切です。
夜、遅く寝ても、朝起きて日光を浴びると、体内時計は1時間のズレをリセットします。

 

起床時間を一定に保つことによって、生体のリズムは規則正しく整います。

 

私たちヒトの体には、一日の生活リズムがあります。
同じ7時間眠るのでも、夜11時からの睡眠と、午前3時からの睡眠では、
睡眠の質が大きく異なります。

 

睡眠には、浅いまどろみから入る「レム睡眠」と、
熟睡の「ノンレム睡眠」という一定のリズムがあり、
90分単位でレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されています。

 

特に、最初の3時間が最も深い睡眠にはいり、
その後、徐々に睡眠は浅くなり覚醒に向かっていきます。

 

つまり、美肌のためには、最初の3時間の睡眠が最も大切です。

 

なぜなら、最初の3時間の間に、肌の再生に大切な働きをする成長ホルモンが活発に分泌されるからです。

 

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌される成長に欠かすことが出来ないホルモンです。
この成長ホルモンは、骨を丈夫にしたり、体の代謝の働きにも関係していて、
肌の再生に関連するものです。

 

寝入りばなの3時間の睡眠のうちに、
深いノンレム睡眠が訪れ、熟睡すると、成長ホルモンが分泌され、
肌の再生力が高まり、心身のリフレッシュをすることができます。

 

心地よく眠るためには、寝る一時間くらい前から部屋を暗くしたり、
リラックス高価の高いカモミールやラベンダーなどのハーブティーを飲んだり、
入浴するなど、心身ともにリラックスするのに効果的です。

 

推理小説を読んだり、神経を刺激するようなテレビはみないようにしましょう。