40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

「血」の流れを促し美肌へ

「血」の乱れを修正し、肌トラブルを改善していきましょう。

 

「血」のトラブルには、流れが滞る「?血」と、
血そのものが不足する「血虚」があります。
「?血」と「血虚」は、どちらも女性に多いのが特徴です。

 

お血

 

お血になると、肩こりや頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、
情緒不安定、不眠などを招いてしまいます。

 

肌に現れる?血の症状は、湿疹、ニキビ、シミ、吹き出物、クマなど
あらゆるトラブルがあります。

 

お血の原因は、ストレス、喫煙、無理なダイエットなど色々ありますが、
最も大きな原因となるのは「冷え」です。

 

男性よりも女性は冷えやすいのですが、
その理由は、男性よりも女性は筋肉がすくないことにあります。

 

私たちヒトの体の熱の40%は、運動などで筋肉が動いて生じるのですが、
運動不足になると筋肉の70%以上が集中する下半身の筋肉熱量が減り、
冷えてしまいます。

 

ヒップハングやノースリーブなどのファッション、
きついガードルなどで体を締め付けるのも?血の原因になります。

 

血虚

 

血虚とは、血そのものが不足することです。
西洋医学で言う「貧血」と似た症状です。

 

女性は、毎月の月経以外にも、妊娠や出産、授乳などによってたくさんの血が消費されます。
特に月経や妊娠中などの時期は、誰にも「血虚」を生じやすくなります。

 

血は、肌に栄養を与える役割を担っています。
ですから、血が足りなくなると肌がかさつき、湿疹などもできやすくなります。
そして、血が不足すれば、流れも悪くなり、?血になります。
無理なダイエットをすると、血虚になったうえ、肌荒れやクマなどができるお血に悩まされるという女性も少なくありません。

 

血を増やすには、黒ゴマ、黒砂糖、ひじきなど、黒色の食べ物がおすすめです。
そして、血をつくり、流れをスムーズにする暮らしは「気」の流れもよくします。
「血」と密接な関係のある「気」の流れも意識するように過ごすことが必要です。