40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

薄毛を漢方治療で治す

女性の薄毛も「血虚」の症状です。

 

性別、年齢に問わず、抜け毛や薄毛に悩んでいる人は多くいます。

 

育毛剤や養毛剤、育毛サロンなど、抜け毛対策や薄毛対策は色々ありますが、
その効果は、イマイチはっきりしていない部分が多くあります。

 

抜け毛のタイプを大きく分けると「円形脱毛症」と「薄毛」に分けられます。

 

円形脱毛症

 

円形脱毛症の主な原因は、ストレスといわれています。
ですが、本人がストレスを溜め込んでいると気付いていないこともあります。

 

円形脱毛症は、2〜3年くらいで治ることが多いのですが、
かなり拡大してしまうこともあります。
このようなときに、漢方治療受けることで改善することが多くあります。

 

漢方治療とは、牡蠣の殻から抽出した成分を使う方法で、
この牡蠣から抽出した成分は、精神の安定効果があります。

 

薄毛

 

髪の毛が全体的に細く薄く細くなってくる「薄毛」は、
東洋医学では「血虚」によるものだと考えます。

 

乾燥肌や、冷え症、立ちくらみ、倦怠感なども「血虚」の症状で、
この場合は、補血剤という血を増やす漢方薬を使用して治療します。
全体的に薄くなるウタイプの「薄毛」を治療するには、
かなりの期間を必要とするので、血虚体質を改善することが大切です。

 

女性の髪は、産後や更年期に急に薄くなったりします。
つまり、女性ホルモンの作用も大きく関わっていることが分ります。

 

男性の薄毛も、女性の薄毛も、年齢的なものもあり、
仕方のない場合もありますが、
治療をすればきちんと治るタイプの薄毛があります。

 

皮膚科などで相談する事も出来ますが、漢方治療を扱っていないところもあるので、
漢方治療による髪の治療を受けたい場合は、事前に電話などで確認をしてから受診してください。