40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

皮膚の再生とシワの原因

私たちヒトの皮膚の再生は、4週間ほどで繰り返されています。
このくり返しの周期のことをターンオーバーといいます。

 

皮膚は、表面から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と大きく分けると3つの層からできています。

 

表皮の一番上の部分は、「角質」と呼ばれるそうで、最も深い部分は「基底層」と呼ばれています。

 

肌の表皮細胞がは、最も深い部分である基底層から生まれ変わります。
基底細胞は、休むことなく細胞分裂を行い、2週間ほどかけて、
次々と新しい細胞を基底層から角質層へと押し上げています。
新しく作られた細胞が角質層に到達すると、
核のない新だ角質細胞となり、外の刺激から肌を守る役割を担います。
そして、2週間ほどその場に留まった後、アカとなって剥がれていきます。

 

このような4週間で行われる肌の新陳代謝の周期を「ターンオーバー」といいます。

 

ターンオーバーが順調に行われていると、皮膚のコンディションも良く、
ツヤツヤとして保水力も保たれたハリのある肌が保てるのですが、
年齢を重ねるに連れて、ターンオーバーの周期が4週間から5週間へと徐々に長くなり、
40歳を過ぎる頃には6週間を過ぎてもまだ角質が肌に留まっている状態という事も少なくありません。

 

ターンオーバーの周期が長くなると、
角質層の水分を補っているセラミドが減少し、肌がかさついたり、
古い角質細胞が剥がれずに残り、くすみの原因になるなどします。
さらに、メラニン色素もターンオーバーと共に排泄されますが、
ターンオーバーの周期が遅くなると、シミやシワとして残ってしまうのです。

 

このようなことから、ターンオーバーが正常に行われなくなる年齢から、
肌荒れやシミ、シワが生まれやすくなるのです。

 

シワを作る主な要因は、「皮膚組織の老化」にあります。

 

真皮にある「エラスチン」や「コラーゲン」という物質が、
肌のハリや弾力を保つ働きをしています。
これらの物質は、網の目状にネットワークを作り、
肌の内側からハリを保つという働きを担っています。

 

ですが、年齢を重ね40歳くらいになると、
コラーゲンの量も年齢が進むに連れて減少してきますし、
エラスチンも切れてバラバラに鳴ってしまうので、線維が古くなり、もろくなります。
網の目状のネットワークも崩れ、皮膚の弾力やハリは失われていくのです。

 

また、紫外線が真皮の弾力の損失に拍車をかけます。

 

紫外線と聞くと「シミ」を思い浮かべる人も多いでしょう。
ですが、日焼けはシミだけでなく、シワも作ります。
紫外線を浴び続ければ、真皮にある線維芽細胞がエラスチンを部分的に分解するので、
その結果として肌のハリが失われます。

 

日焼けをしすぎることによって、肌のハリが失われ、
実年齢よりも、肌年齢が老化してしまうという減少が起きます。

 

加齢と共に弾力が低下した肌は、表情にともない折りたたまれた時に、
完全に元に戻ることができなくなります。
これが老化によってできるシワです。

 

さらに進行すれば、皮膚全体が重力で垂れ下がり、たるみが発生します。

 

肌年齢の老化は、個人差があるのですが、30歳を過ぎる頃から
肌の老化現象ができたと自覚する人が多いようです。