40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

水分のとり方

スーパーモデルのマネをすると、むくみや肌荒れを起こしてしまいます。

 

欧米のスーパーモデルが実践しているということで話題になった
「ミネラルウォーター」をたくさん飲む美容法は、
今でも若い女性を中心に人気です。

 

ミネラルウォーターをたくさん飲むことによって、
美肌効果が得られたり、老廃物が排出されやすくなる、
代謝を高めることができるなどといわれていますが、
実際には、肌荒れやむくみを招いてしまっている人も多くいます。

 

ミネラルウォーターをたくさん飲むことによって便秘が治る人もいますが、
女性の便秘の原因は、腸の蠕動運動がうまく働いていないことによって起きていることが多いので、
そのような状態のところに冷たい水を入れれば、ますます動きが鈍くなります。
温かい食事や飲み物をとったり、体を動かすなどをして体内を温めるほうが、
ミネラルウォーターをガブガブ飲むより有効です。

 

たくさん水分をとり、汗をかいたら痩せられるかも?
というのも大間違いです。
汗をかくと、体が軽くなったような気分になりますが、
単に飲んだ水が出て行っただけで、脂肪が
汗をたくさんかいたところで、脂肪は燃えないのです。

 

脂肪を燃やすものというと「アミノ酸」があります。
成長ホルモンが活発に分泌されている若い人であれば、
確かにアミノ酸をとるとそれが筋肉になるかもしれません。

 

ですが、成長ホルモンが殆ど分泌されていない年齢の人で、
運動もしないような人が、アミノ酸飲料をたくさん飲んだとしても
余った分は脂肪に変わってしまい、肥満の下になってしまいます。

 

アミノ酸やコラーゲンはたんぱく質のもとになります。
基本的には、魚や肉を食べるのと大して代わりません。

 

ですから、コラーゲンやアミノ酸のドリンクやサプリメントを飲んで運動をすれば筋肉に代わりますが、
動かなければ脂肪になってしまい、肥満になります。