40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

肌に優しいクレンジング

ファンデーションや口紅、メイクアップ化粧品は油性です。
ですから、メイクは、油性のクレンジングを使って落とすのが鉄則。
油性のクレンジングを使って、油性のゆごれを油性で十分に浮き上がらせ、
石けんや洗顔料、そして水で完璧に落とすダブル洗顔を守りましょう。

 

クレンジングは、肌にやさしいを選びましょう。

 

クレンジングはいつも使う基礎化粧品の中で、最も肌への負担が大きいものです。
ですから、慎重に選ぶことが大切です。

 

ひとくちにクレンジングといっても、オイルタイプのクレンジング、
ジェルタイプのクレンジング、クリームタイプのクレンジングなど
多種多様なものが販売されています。
どのタイプのクレンジングを選ぶのが、お肌に最も良いのでしょうか。

 

お肌のことを考えるとすると、やはり油分が多すぎず、そして少なすぎない
クリームタイプのクレンジングがおススメです。
薄化粧の時は、乳液タイプの物を使えば、お肌への負担はもっと軽く済みます。

 

オイルタイプのクレンジングは、
もともとは舞台化粧のような濃いメイクを落とすためのものなので、
多量の界面活性剤が含まれています。
メイクの落ちはとても良いので使いたくなりますが、肌への負担は大きくなります。

 

ジェルタイプのクレンジングは、油分の代わりにアルコールを含んでいるものがあります。
ジェルタイプを使いたい場合は、透明のものよりも乳白色のものを選びましょう。
クリームタイプのものと中間のような質感のものを選ぶことが、賢い選び方です。

 

ウェットティッシュのような拭き取りタイプのものもあり、とても手軽に使うことが出来るのですが、
防カビ剤なども含まれているので、肌の刺激はオイルタイプよりも強くなります。
ウェットティッシュタイプは、キャンプや旅行などの時のみにしたほうが良いですね。

 

もちろん、お化粧をしない日はクレンジングは必要ありません。

 

ホコリや毛穴の汚れが落ちるからとノーメイクの日にもしっかりクレンジングを使い、
洗顔石鹸を使ってダブル洗顔をする人も多いです。
ですが、これをすると、肌へのダメージが強くなります。

 

メイク落とし=クレンジングは、メイクを落とすために作られています。
ですから、メイクをしていない日は、クレンジングは不要ですし、
クレンジングは、最小限の使用にとどめたほうが無難です。