40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

肌トラブルの原因

肌トラブルの原因は、長年の生活習慣にあることもあります。

 

いつも肌が荒れていて、どんな化粧品を使っても肌が荒れてしまう・・・
と、肌荒れを化粧品のせいにしている人が多いのですが、
実は、化粧品とは別の原因で肌が荒れていることが多いのです。

 

体の内面や精神的な問題が原因になって肌荒れを起こしているのに、
どうしても原因を外に求めてしまっている人が多いです。

 

また、肌荒れの原因は、最近のことから探してしまったりします。

 

ですが、実際には、肌荒れの原因となっていることは、
何ヶ月も前から、或いは何年も前のことが原因になっていることが少なくありません。

 

例えば、30代後半から40代前半くらいの人で「最近シミができてしまった。」、
40代後半になると「シミが急激に増えた」という人がいます。
ですが、このシミは、最近浴びた紫外線だけでできたシミではなく、
子供の頃から皮膚の中に蓄積されていた紫外線からのダメージが
今になって浮き出てしまったものです。

 

また、「夜型の不規則な生活が何年も続いているのに、
ずっと肌トラブルはなかったけれど、先月頃から急に肌荒れしてきた」
というような人もいます。
これも、最近不規則な生活をしていたからではなく、
何年も前からの不規則な生活の影響が蓄積され、
肌が荒れてしまったと考えるべきです。

 

習慣になってしまっていることでも、それが悪いことだと分っているのであれば、
早めに改善するようにしなければなりません。
そうしないと、何年かたってから、そのツケが肌に確かに現れてしまいます。

 

長年使っていた化粧品が急に合わなくなって肌が荒れてしまう事もありますね。
肌の調子は年々変化しています。
今まで大丈夫だったものでも、突然あわなくなることもあります。

 

肌が荒れてきてしまったら、その肌荒れが治まるまでは刺激を全て避けなければなりません。
最も肌に刺激が強いのはメイク落しです。
メイク落しは、肌に強い刺激を与えてしまうので、コレだけでも急いで代えましょう。
敏感肌用のクリームタイプのものがおすすめです。

 

肌が荒れたときには、その原因をきちんと認識しましょう。
生活習慣、化粧品選びなどに問題がないか、再確認してみてください。