40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

ピーリング

ピーリングで、ひと皮向けた透明感のある素肌をよみがえらせましょう。

 

私たちヒトの肌は、常に新しく生まれ変わっています。
新しい肌は、基底層という部分で生まれ、徐々に表面に押し上げられ角質層でアカとして剥がれるまで、
28日周期を保っています。
この機能を「肌のターンオーバー機能」といいます。

 

ターンオーバーが加齢や乾燥などでうまく機能しなくなると、
剥がれるべき皮膚が剥がれずに残り、角質がどんどん厚くなってしまいます。

 

厚くなった角質は、くすみやカサツキの原因になりますし、
素肌の透明感をなくし、様々な肌トラブルの原因になります。

 

厚くなった角質を取り除くのに、ピーリングという方法があります。

 

ピーリングとは、酸性の薬剤を肌に塗ることで、
肌表面に溜まった古い角質を剥がすことができるというものです。

ピーリングとは

皮膚科などで受けることができる美容法で、
薬品を使って行うので「ケミカルピーリング」とも呼ばれます。

 

肌のスキンケアは、手で優しく優しく・・・といわれるのに、
角質を剥がすというと、荒っぽいように感じます。
ですが、ピーリングを定期的に繰り返すことによってくすみが取れるだけでなく、
肌のターンオーバーが促進され、新しい皮膚が早く再生するようになります。

 

また、真皮のコラーゲンを増やし、シワを目立たなくする効果や、
毛穴のつまりを防いでくれるので、
ニキビの予防効果、ニキビ跡の改善効果に期待ができます。

 

また、ピーリングは、炎症性色素沈着(化粧品かぶれや蒸し刺され跡が、
シミになってしまったもの)にも効果があります。

 

さて、ピーリングは強くしすぎてしまうと皮膚にダメージを与えてしまいます。
逆に弱すぎれば、あまり効果が得られません。
強さの調節は微妙なところです。

 

ですから、ケミカルピーリングは専門医がいる皮膚科で行うようにしましょう。

 

ピーリング剤の肌に対する反応は、その人の肌の状態によっても違ってきます。
どのくらいの塗布時間をとるかということについても、
専門家の目で見極める必要があります。

 

以前、医師免許を持っていないエステティックサロンでピーリングを受けた人たちに、
肌トラブルが続出したという事件がありました。
このようなことがないとも言えませんから、エステサロンではなく、
皮膚科でピーリングを受けるべきです。

 

皮膚科で行われるケミカルピーリングは、
薬剤の種類、濃度、塗布時間など肌の状態にあわせ、フレキシブルに対応しています。
ですから、肌の弱い人でも、安心して施術を受けることができるでしょう。

 

ただし、アトピー性皮膚炎の症状が強い人は、施術が出来ません。
まずアトピーの治療を優先します。

 

ケミカルピーリングで塗布する酸の主流となっているものは、
水溶性(AHA)と脂溶性(BHA)です。

 

水溶性(AHA)には、フルーツ酸、乳酸、グリコール酸などが含まれ、
脂溶性(BHA)はサリチル酸が一般的です。

 

施術中は、ピリピリと刺激を感じますが、
酸が効いている証拠ですから心配はいりません。

 

皮膚科でのケミカルピーリングは、クリニックによって値段が異なりますが、
一回1万円くらいが相場です。
回数は、通常のピーリングは2〜3回、ニキビは5〜10回、
ニキビ跡なら10〜20回ほどで、治療と治療の間は2週間ほどあけます。

 

背術後の肌はとてもデリケートになっているので、
紫外線に当たらないように注意が必要です。
化粧はしても構いません。
むしろ、紫外線に当たらないようにするために化粧が必要だという考え方もあります。

 

また、肌をこすったりしないように、気をつけましょう。

 

ピーリングの後の肌は一時的に赤くなったりしますが、
数時間から数日で治ることがほとんどです。
また、古くなった角質が剥げたりかさぶたができたりすることもありますが、
無理に剥がさないようにしましょう。
心配なことは、皮膚科医に相談してくださいね。