40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

肌の変化とホルモンの関係

月経前の肌トラブルや、更年期の肌トラブルは、女性ホルモンと深い関係があります。

 

「月経」は、肌と密接にかかわっていて、
月経前になると肌がカサついたり、吹き出物ができたりします。
また、シミやクマが濃くなったり、肌の状態が不安定になる人も多くいます。
このような症状は、月経周期に関連して起こるホルモンバランスの乱れが原因になっています。

 

女性ホルモンは、女性の体にとってとても重要なものです。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二つがあり、
それぞれ月経周期に応じて分泌量が変化します。
二つのホルモンの分泌バランスがきちんととれていると
月経周期も潤滑で、月経前の肌トラブルも最小限に抑えることが可能です。

 

ですが、ホルモンの分泌バランスが乱れると、
様々な体の不調や、イライラなどの精神的トラブル、肌荒れなどの症状がでます。

 

このように、女性ホルモンは、生殖機能の調整や維持はもちろんのこと、
骨や脂質の代謝などにも大きく関与しています。

 

また、更年期も肌は確実にダメージを受けます。

 

女性は35歳頃から徐々に卵巣の機能が低下し始めます。
50歳前後、つまり閉経前後の更年期には、エストロゲンが大幅に減り、
その影響が心身に現れ、例えば発汗、ほてり、頭痛、めまい、動悸などの身体的症状、
やる気がない、イライラするなどの精神症状、また、肌あれなどが起きやすくなります。

 

更年期前後の症状の現れ方は個人差があり、
日常生活に支障をきたすほど苦痛を味わう人もいれば、
殆ど何も感じないまま、この時期を過ごす人もいます。

 

月経の前後や、更年期の頃は、特に栄養バランスに注意をして、
良質のたんぱく質や鉄分、カルシウムなどを意識して摂る事が必要です。
エストロゲンが激減することによって、肌に大きなダメージが与えられるのですが、
少しでも症状を緩和させることで肌への影響を少なくする事も可能です。

 

食生活、十分な睡眠や適度な運動が、エストロゲンの激減によるダメージを軽減させます。

 

辛い症状が続く時には無理をせず、婦人科を受診してください。
漢方薬を処方され、症状が改善され多という人も多いですし、
女性ホルモンを補う治療によって、症状を緩和させることができます。

 

女性ホルモンによる影響を、治療によって緩和させることで、
肌年齢の老化も遅らせることが可能になります。