40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

シミはレーザーで治療

シミは、そのタイプによってケア異なります。

 

シミには、「老人性色素斑」、「雀卵斑」、「肝斑」、「炎症性色素沈着」などがあります。
そして、これらのシミのタイプは、それぞれシミになる原因も異なるので、
ケアや治療の方法も異なります。

 

ですから、シミはレーザーで取れる!と言われますが、
レーザー治療が効果的なものとそうでないものがあります。

 

レーザー治療が効果的なシミは、ソバカスといわれる「雀卵斑」や、
日焼けによってできた老人性色素斑のシミなどです。

 

レーザーでは、真皮にあるメラニンを持つ細胞まで破壊することができるので、
生まれつき持っているそばかすにも有効な方法です。
また、日焼けによるシミが進み、形がはっきりしてしまっているものや、
盛り上がっているようなシミもレーザー治療でないと取ることができないでしょう。

 

レーザー治療ができないシミとは、炎症やニキビの後にできた炎症性色素沈着と呼ばれるシミや、
女性ホルモンが関係しているシミ、肝斑などです。
これらのシミは、レーザーをあててしまうと、かえって濃くなる可能性があります。

 

このようなことから、レーザー治療を受けたい時には、
皮膚科に行って、自分のシミのタイプを診断してもらうことがまず必要です。

 

治療法についてもキチンと説明してもらい、
納得した上で、レーザー治療を受けるようにしましょう。

 

場合によっては、他所の病院を紹介してくれるような
親切で謙虚なクリニックを選ぶべきです。
大切なお肌に、傷などをつけたくないですからね。

短時間でシミが消える医療レーザー治療

レーザー治療とは、エネルギーの強い光線で、
色素細胞をピンポイントに照射し、健康な皮膚に波影響を与えないように、
メラニン色素を持った細胞だけを破壊するものです。

 

特に、紫外線が原因となっているシミや遺伝性のソバカスには、
レーザー治療はとても有効です。
レーザーは黒い色に反応する光ですから、
ぼやけているシミよりも、濃くはっきりとしたシミのほうが効果が高いです。

 

医療用レーザーには色々な種類があり、肌質や症状によって使い分けをします。

 

シミやソバカスには、メラニン色素を吸収する作用があるルビレーザーや、
ヤグレーザーなどを使います。
レーザーを照る時間は一瞬です。
痛みは、照射の時に輪ゴムではじかれるような痛みですが、
一瞬なので我慢できないようなものではありません。

 

レーザーを照射した後は、軽い火傷のような状態になります。
5〜6日くらいでかさぶたになって剥がれ落ちます。

 

レーザー治療の料金はクリニックにより様々ですが、
一箇所につき5000円程度からが相場のようです。

 

レーザー治療のあとは、アフターケアがとても大切です。
治療後、色素沈着を起こすことがあるので、医師の指示にしたがい、
アフターケアを万全に行っていきましょう。

 

また、肌がとても敏感な状態になっています。
治療後は特に、紫外線から肌をガードすることを忘れないようにしましょう。

 

レーザー治療では、ホクロや刺青をとる事もできます。

 

ホクロは、母斑細胞というメラニン色素を作り出す細胞から生じます。

 

ホクロの表面は、メラニン色素が沈着して黒く見えます。
ですが、深部にある母斑細胞は無色ですから、
レーザーで表面の黒い部分だけを取り除けばOKです。
ですが、深部に母斑細胞が残っていると、
またメラニン色素を作り出して再発することがあるので、
その場合は再度照射することが必要です。

 

レーザーをホクロの表面の黒い部分に当てて、
皮膚に含まれる水分と一緒にホクロの組織を蒸発させ取り除きます。
治療後は、照射した部分がすりむいたような状態になります。
皮膚が少しくぼみますが、10日くらいで乾いて治癒します。

 

さらに、刺青やアートメイクもレーザーで消すことができます。

 

レーザー治療は、手術に比べて術後の痛みがなく、
きれいに取れるという特徴があります。
ですが、大きなアザや外科的な手術のほうが適する場合もあるので、
治療の前には専門医に相談し、診断を受けることが必要です。

シミとり等で使う主なレーザー治療

ルビーレーザー

 

日焼けによるシミやソバカス、刺青、アートメイク

 

ヤグ(YAG)レーザー

 

日焼けによるシミやソバカス、刺青、アートメイク

 

アレキサンドライと

 

アザなど

 

炭酸ガス(CO2)レーザー

 

ほくろやいぼなど

 

<レーザーピーリング>

 

レーザーピーリングというものがあります。
レーザーピーリングは、ケミカルピーリングよりもかなり強いピーリングになります。
シワやたるみなどの改善に大きな効果が得られますが、
術後のケアなども、大変です。

 

レーザーピーリングを行う時には、
まず事前に麻酔をしてピーリングを受け、終わった後は1〜2週間ほどの包帯が必要です。
包帯が取れても、赤みや色素沈着が数ヶ月残ります。
それらをハイドロキノンなどで治療していきます。

 

通常通り化粧をして外出できるようになるまでには、
一ヶ月以上かかる事もあります。

 

現代医学により、このような美容的治療も可能になっていますが、
リスクがあるのも事実です。
本当に、リスクを背負ってでもレーザーピーリングを受けるかどうかについては、
自分の意思次第です。
治療を受けるのであれば、信頼できる専門医の元、
アフターケアも万全な医療機関で治療を受けてください。

 

<レーザー治療が適さないシミにレチノイン酸治療>

 

レーザー治療が適さないシミには、レチノイン酸治療が効果的です。

 

レチノイン酸は、ビタミンA誘導体の一種です。
そして、レチノイン酸には、表皮の細胞分裂を促し、
表皮がアカとなって剥がれ落ちるのを早める効果があります。
ですから、シミの元になるメラニン色素も早く排出することができるので、
シミの治療に効果があると注目されているのです。

 

さらに、真皮層のコラーゲンなどを増やす働きもありますから、
肌にハリを与えシワを改善することができます。

 

色々な強さのレチノイン酸を使用したり、
ハイドロキノンなどの美白剤と組み合わせた治療を行うクリニックもあります。

 

レチノイン酸治療は、レーザー治療が適さない肝斑などにも効果があります。

 

ただ、レチノイン酸は、効果も強いのですが、
肌にも刺激性があり、また、多量に吸収すると退治に影響が出るので、
妊娠中は使用することができません。

 

そのため、レチノイン酸の中でもマイルドなレチノール以外は化粧品への使用が認められていません。

 

レチノイン酸の治療は、美容皮膚科などで受ける必要があります。

 

薬の効果には、当然個人差があります。
ですから様子を見ながら治療をしていく必要があります。

 

治療中は、1〜2週間おきに受診し、
保湿などのケアをきちんとしてもらうことが大切です。