40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

たるみやシワを改善する光の治療

たるみやシワを改善する光の治療に注目が集まっています。
肌に光を当てることによって、肌を活性化し、若返りへと導くものです。
レーザーよりも、肌への負担も少ないことが魅力的ですね。

 

光の治療

 

たるみやシワを改善する新しい治療の一つに、
真皮に働きかけ、コラーゲンの再生を促進する「光の治療」があります。

 

この光の治療では、真皮の繊維芽細胞に光のエネルギーが伝わることによって、
細胞を活性化させることができ、コラーゲンの再生を促進させることができます。

 

そして、肌への負担が少ない最新型のレーザーや、
レーザーよりも広い波長の光を使用した新しいタイプの光治療があります。

 

どの治療法も、施術後、肌が赤くなったり、かさぶたになるようなこともなく、
ケアも特に必要ありません。

 

繰り返して治療していくことで、次第に肌が弾力とハリを取り戻すことができます。

 

また、毛穴を目立たなくしたり、ニキビを改善するなどの効果があります。

 

フォトフェイシャル(IPL)

 

肌の質を改善し、肌を若返らせる方法に、「フォトフェイシャル(IPL)」があります。

 

フォトフェイシャルとは、IPL(Intenes Pulsed Light)というフラッシュライト光を用いて、
様々な肌トラブルを改善する治療法です。

 

フォトフェイシャルでは、小じわだけでなく、シミにも有効です。
どちらかというと、シミを一つ一つ消していくのではなく、
光波に光を当てることによって肌全体を若返らせ、
シミもなくそうというものです。

 

フラッシュライトの光が、肌トラブルの原因となっているメラニンや
毛細血管などに当たるとそのエネルギーが熱に代わり、
当たった箇所に吸収されます。
この熱エネルギーによる刺激が、コラーゲンやエラスチンなどを作り出す
繊維芽細胞の働きを活性化し、内側から自然に美しい肌をよみがえらせることができます。

 

光の刺激で、肌トラブルを改善するというと、
レーザー治療を連想してしまいます。
ですが、IPLの光はレーザーよりも優しいので、痛みも少ないですし、
かさぶたも生じません。

 

シミやしわ、ニキビなどのほか、赤ら顔の改善にも
IPL(Intenes Pulsed Light)は効果があります。

たるみやシワを改善する新しいレーザー治療

たるみやシワを改善する新しいレーザー治療に、クールタッチレーザーや、
エヌライトという治療法があります。

 

クールタッチレーザー

 

肌のダメージが少ない新型のクールタッチレーザーは、
レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射することによって
表皮にダメージを与えずに真皮に働きかけ、
徐々に新しいコラーゲンを再生するという最新型のレーザー治療法です。

 

通常のレーザー治療では、皮膚の表面に一種のやけどを生じさせます。
ですから、照射後しばらくは皮膚が赤くなったり、
かさぶたになることがあります。

 

ですが、クールタッチレーザーは、
照射と同時に肌を冷却していきます。
ですから、肌表面の温度が50度以上にんることはないので、
肌を熱のダメージから守ることが出来ます。

 

かさぶたなどが生じないので、
照射後、すぐに洗顔や化粧直しができるというメリットもあります。

 

この治療によって、顔全体にハリを与え、
小じわや浅いニキビの後を改善することができます。

 

ただし、クールタッチレーザーでは、深いシワを消すのは難しいでしょう。

 

エヌライト

 

エヌライト(Nlite)は、ダイレーザーという赤い色に反応するレーザーの一種で、
血管愛の酸化ヘモグロビンに吸収されるという波長を持っています。
ですから、他の皮膚構造を破壊することなく、
血管壁のみに軽い刺激を加え、コラーゲンを増やすことができます。
しくみとしては、肌内部の血管に吸収させ熱を与えて、
肌を活性化しようというものです。

 

エヌライトは、数回の照射で小じわを改善することができます。