40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

肌のトラブル解消レシピ

肌のトラブルを解消するためには、
「気」・「血」・「水」のバランスを整えなければなりません。

「血虚」解消レシピ

血虚には、黒い食べ物が良いといわれています。
ひじき、プルーン、黒ゴマなどを意識的に摂りましょう。
なつめやクコの実、まつの実などには「血」を補う働きがあります。
ご飯やデザートなどに色々工夫して取り入れてみてください。

 

炊き込みご飯

 

なつめ、クコの実、まつの実などをもち米に混ぜて炊き込みご飯風にしましょう。
干しエビや干し貝柱を入れるとうま味が出て、いちだんと美味しさが増します。

 

黒ゴマペースト

 

黒ゴマは、ペーストを買っておくとすぐに和え物に利用できます。
お湯で伸ばして黒砂糖で味付けをすると、アジア風黒ゴマ汁粉の出来上がりです。
ホットミルクで割っても美味しく飲めます。

「お血(おけつ)解消レシピ

「お血(おけつ)」の人には、例えば魚では、
いわし、さば、さんま、アジなどの青身魚など、
血液の流れをよくする食品がおすすめです。

 

いわし、さば、さんま、アジなど背の青い魚には、
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という
血液をサラサラにする物質がたくさん含まれています。

 

海藻類や納豆などの大豆製品、アサリ、あわび、カニなどの魚貝類なども「血」の流れを促します。
ハーブや香辛料などに、色々な効果があります。
料理に上手に取り入れていきましょう。

 

青魚のイタリアン

 

青魚が苦手な人は、パン粉にチーズやバジルを混ぜて魚の切り身につけ、
オーブンや気にしてイタリアン風にします。
すると臭みが抑えられ、食べやすくなります。

 

アサリ入りサフランスープ

 

紅花やサフランにも、血をきれいにする効果があります。
アサリを入れたスープの香りづけに使用してみましょう。
アサリは、「血虚」にも「お血」にも、どちらにも効果があります。

「気虚」解消レシピ

「気」を補う食べ物には、うなぎやコイ、どじょうなど、
昔からスタミナ食として知られているものがあります。

 

エビやイカなどのほか、山芋やサツマイモ、ジャガイモなどのイモ類も、
「気虚」を改善し元気を出すことができる食べ物です。

 

やまいものエビあんかけ

 

粘り気のある食品が気虚には良いので、
やまいものエビあんかけなどがおすすめです。

 

「気虚」は、冷えを伴うことが多いので、
体を温める作用のあるエビや、片栗粉でトロミをつけたあんが良いでしょう。
主食は玄米にしてみてください。

「気滞」の解消レシピ

「気」の流れを促す効果のあるミントやジャスミンなどのハーブがおすすめです。

 

また、香りには「気」をめぐらせる作用があるので、
しょうがやニンニクなども効果があります。

 

臭いのある食品を使うことで、美味しさも一段と増します。

 

ハーブティー

 

胃腸の働きを高め、気分をスッキリさせる効果のあるミントティー。

 

目覚めを良くするローズマリーは、朝におすすめ。

 

リラックス効果の高いカモミールは、夜におススメです。

 

ハーブティーにして飲んだ後の葉は、ガーゼに包んでお風呂に浮かべても良いです。

「水毒」の解消レシピ

わかめやひじき、こんぶなどの海藻類、えのきだけ、しいたけ、なめこなどのキノコ類、
ハトムギやそば、豆類などに水分代謝を良くする効果があります。

 

水毒の人は、水分の摂りすぎは良くありません。
過剰に水分摂取をしていないかどうかをチェックしてみましょう。

 

豆の甘煮

 

水毒の人は、体に溜まっている余分な水分を積極的に出すことが必要です。

 

あずき、はとむぎ、緑豆などには利尿効果があります。

 

薄い味の甘煮にして、デザート感覚で食べてみてはいかがでしょうか。

 

また、緑豆から作られている春雨もおすすめです。

 

ハトムギは、体を冷やす効果があるので、冷え症の人はとりすぎないようにしましょう。

 

大根とわかめのお味噌汁

 

お味噌汁の具としておすすめなのは大根やわかめです。
大根のカリウムとわかめの繊維が、塩分の吸収を防ぎ、むくみを予防します。

 

水毒の人は、塩分を控えることが大切です。

 

パンや麺類は、ご飯よりも塩分過剰になりやすいので気をつけましょう。

 

また、ご飯でも寿司飯は塩分がとても多いので注意します。