40代からの肌荒れ、シミ、シワ対策

大人ニキビ

大人ニキビには気をつけましょう。

 

大人になってから、つまり、20歳を過ぎてからのニキビができる人が増えています。

 

20歳を過ぎたらニキビとは言わず「吹き出物」と呼んだりしますね。
10代の頃にできるニキビと、20歳を過ぎてからできる吹き出物は、
できかたや治り方も異なるので、昔から区別して呼び方も変えていたようです。

 

大人ニキビは、治りにくく、跡に残りやすいという特徴があります。
10代の頃のニキビも、大人ニキビも直接的な原因は、毛穴のつまりです。
ですが、毛穴が詰まる原因に、10代のニキビと大人ニキビとでは大きな違いがあります。

 

10代のニキビは、皮脂腺の活動な盛んな時期でもあることから、
皮脂が過剰に分泌され、顔中に散らばってニキビができます。
ですが、10代の頃は、新陳代謝もまだまだ盛んなので、早く治ります。

 

ですが、大人のニキビは、ストレスやホルモンのアンバランスが原因になり、
あごなどの顔の下の方に多くできます。
新陳代謝も鈍くなってくるので、肌の再生自体が遅くなり、
ニキビもなかなか治りません。

 

治らないニキビが悪化すれば、菌が繁殖を続けます。
炎症を起こせば、跡が残ります。
ニキビの跡は、赤みや色素沈着、陥没となります。

 

赤みと色素沈着は、肌のお手入れ次第で回復しますが、
陥没は完全に回復することはできません。

 

ニキビができやすい人は、油分を控えめに摂ることが大切で、
基礎化粧品も水分保持効果の高いものを選ぶようにしてください。
日頃からホルモンバランスを整えるために、
規則正しい生活を心がけ、身体の中からのケアも行う事が重要です。